1人あたり213円、うちのソウルフード、うどんギョーザの話

160328_2311-01

うちの定番中の定番、「うどんギョーザ」を作りました。
このメニュー、某市のご当地グルメとして紹介されているのを最近聞いて驚きました。
私にとっては、幼い頃から週末メニューとしてよく食べていたもので、たこ焼きやお好み焼き、カレーライスと同じ感覚。
京都生まれ京都育ちの夫にとっては未知との遭遇だった「うどんギョーザ」ですが、10数年前に初めて食べて以来、夢中でがっつく食べ物の一つになっています。

そんな夫は、お店のうどんギョーザをWEBで見てご立腹。「うどんギョーザはハンバーグとは違うどーっ!」と1袋15円のうどんをブンブンと振り回したはる横で、大量のニラとネギを用意して調理開始です。

カレーと同じように、うどんギョーザも各家庭の味があり、一概にこうとは言えへんのですが、うちではこんな感じです。

まず、ニラ2束半、ネギ1束弱(「鯨ステーキとあんこう祭り」の写真にあるような大束のネギです)をひたすら刻みます。
つなぎとして、豚ミンチ1パック(約300グラム)、メリケン粉大さじ1/2(適当)を入れます。
そこへ卵を4個、刻んだ細うどん2袋を入れて、へらで全体がなじむまでかき混ぜます。
うどんがほぐれたところで、ごま油、にんにく醤油(普通の醤油に生のにんにくをポイポイ入れて漬け込んだもの)をそれぞれ大さじ1ずつ(これも適当)入れて、再度かき混ぜたら生地の完成。

わたし的なポイントは、
・ニラとねぎはふんだんに、惜しみなく。
・豚ミンチは入れるけど、めっちゃ脇役。(主役はあくまでもニラとねぎ)
・メリケン粉は使うとしても、打ち粉みたいに少量。なくてもよいくらい。
・うどんは絶対に細うどん。
・油は絶対にごま油

これで肉々しくない、なんぼでも食べられそうなうどんギョーザになります。

160328_2321-01
ごま油を鉄板に引き、写真のように生地を平べったく乗せて、両面がきつね色になるまで焼いていきます。
表面が香ばしくなったら、薬味に豆板醤を入れたポン酢につけていただきます。

昨日のうどんギョーザの原価(四捨五入)は、
ニラ2束 78円 → 冷蔵庫の余りのニラ(同じ金額)の分も足して、約98円
ネギ1束 98円
豚ミンチ310グラム 273円 → 半額引きだったので137円
卵Lサイズ10個 156円 → 4個使うたので62円
うどん1袋 15円 → 2袋で30円
計425円 ひとりあたり213円でした。
この分量で、30枚ほど焼けました(女性の手のひらくらいの大きさです)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です