深夜食堂がやめられないお話。

最終更新のブログ、心が折れそうになったところで止まっていて、読者の方から「あれからどうですか…?」とメールを頂きました。ご心配おかけして申し訳ございません!大丈夫です、曲がりましたが折れてません。ご飯もちゃんと食べてますよ。

最近は「週のどこを切り取っても夜更かし」。寝る1時間前のご飯はよろしくないようですが、そんなこと言うてられへんので、思いきり夜中の1時2時に、朝食兼・昼食兼・夕食を頂いております。

DSC_1202DSC_1200

冷凍庫には有事の際のたんぱく源を入れています。この日は冷凍アジに救われました。
アジをさっと解凍、ドリップが出ないうちにさっと下味(※)をつけて、身の部分のほうにだけ片栗粉をまぶします。
(※お醤油、めんつゆ、チューブのすりおろししょうが、創味の焼肉のたれ←これはほんの少し。小さじ1杯くらいです。)
フライパンにごま油をしいて、中弱火~中火で皮目のほうからじっくり焼きます。
皮から出た油とごま油が合わさり、じゅうぅと香ばしいにおいが漂ってきて、両面がきつね色になったら出来上がりです。

まずは焼きたてあつあつのアジで一杯。
今日も生きていてよかった…。

締めは、たまごかけごはん。
この卵、朝の出勤前に仕込んでおいたもんです。白身と黄身にわけ、黄身のほうに出汁醤油(しょうゆ+めんつゆ)を適当にかけて、そのまま冷蔵庫に放り込んでおきます。
深夜には味がしみこんで黄身が少し縮み、半熟のような食感になります。これはぜひ、熱々のごはんと一緒にほおばってほしい一品。上から少し七味をふってもええですよ。白身は味噌汁の具に。
時間がなくて、卵1つしか仕込まず、夫と激しい取り合いになってしまったことだけが誤算でした。

たそがれ時のそぞろ歩きのお話。

DSC_1127
心が折れそうになることがありました。
まぁ、生きていればこんなときもあります。しかもたくさん。

こういうときに遅くまで仕事しても全然はかどらへんので、思い切って日があるうちに帰りました。
普段は降りへん駅で降りて、お気に入りの景色が見える場所でリチャージです。

お気に入りの川辺を散策しながら、飛行機雲をたどったり、鉄橋を電車がゆき過ぎるのをひたすら眺めていたりします。
近くも遠くもない距離には、猫さんたちがいて、その仕草を見るのも愉しみのひとつです。

歳を重ねて良かったと思えるのは、折れそうなときに、ぎりぎりまで曲がる術を、それなりに身につけてきていること。
心の芯には、葦や柳を育てておきたいなあと思います。

日が暮れたら、橋を渡って駅へ。この日の夕闇は少し夏色で明るく感じましたよ。

今晩の深夜食堂。

DSC_1176今日は、患者さんのご家族が手作り野菜をくれはりました。おとうさんが手塩にかけて育てはったじゃがいも、新玉ねぎ、今年初物のきゅうりです。
今日の深夜食堂のメニュー、フライドポテト・新玉ねぎの焼いたん・きゅうりそのまま丸かじり。


最近は夜中の1~2時に晩御飯が普通になってしまった私たち。午前0時を過ぎたあたりから揚げもん開始です。
レンジでチンしたじゃがいもを、フライパンできつね色になるまで素揚げしていきます。油の量は、じゃがいもの片面が少し浸るくらいで充分です。
DSC_1179
こんな感じで出来上がり♪
揚げたてのじゃがいもに塩を少しふりかけ、舌をやけどしそうになりながら、ハフハフといただきました。さくっと噛むと、ホクホクとしながら栗に似た甘味と食感があり、手が止まらなくなりました。

両面をこんがり焼いた新玉ねぎはポン酢で、きゅうりはそのまま冷やしてまるかじり。新鮮な素材に乾杯!の深夜食堂でした。

一生ものの指輪のお話。完結編。

冬の時期から職人さんと一緒に紡いできた、一生ものの指輪のお話。
(前回はこちらの記事です)
ほんとうは若葉美しいゴールデンウィーク前に「完成しました!」とお知らせを頂いていたのですが、5月はほぼ休めず、ようやく6月に夫と休みを合わせて、工房に行くことができました。

DSC_1170
両親の結婚指輪をリフォームしていただいたものがこちら。指輪の彫刻のきらめきを見て、両親が出会い結婚し、指輪を交換したときも、きっとこんな感じやったんやろうなと思うていました。ちなみに指輪の形は私の結婚指輪と同じ。2世代の想いがつながった指輪になりました。


そして、同時進行で進んでいたのが、祖母の婚約指輪とサファイアの指輪を使った、ペンダントトップ。
DSC_1161
このペンダント、特別な仕掛けがあります。
実は後ろ側にも4つ葉のクローバーがあり、前後のクローバーの間に指輪を通すことができるんです。
ペンダント単体でも、そして指輪をペンダントに通しても使えるので、職人さんと私とで「魔法のペンダント」と呼んでいました。

葉っぱの1枚いちまいに動きがあったり、前後のクローバーをつなぐ留め具も小さな4つ葉のクローバーだったりと、素敵な工夫や演出もしてくれはりました。製作時に生じた課題に対しても、新たなデザインでクリアしてくれはったことも印象深かったです。

指輪とペンダントで3世代がつながり、文字通り一生もののジュエリーになりました。
そして、本当に信頼できる職人さんに手懸けて頂いたことも、私たち夫婦にとって宝ものです。
想いをつなげてくださり、本当にありがとうございました☆

この職人さんが書いてくれはった記事はこちらです。

街中の空のお話。

DSC_1122


最近はまた終電帰り、そして休みもあまりなく…
うちのボスドクターが「いやぁ、ブラックだよねぇ」と苦笑しております。
(でも2足のわらじは喜んで履いていますよ。)

ただ、身体がきついと、人から何気なく言われたことが必要以上に堪えることってありますね。
落ち込む必要はないと言われても、喉の奥に、魚の小骨のようにひっかかり続けたりして。
あと、普段は気にしていないこと。ちょっと気になっているけど飲み込んでいること。
心の片隅に、積もり重なった埃みたいにあることに、ふと気が付いたりして。

こんなときほど、ただ空を見て、心をからっぽにしたいもんです。
帰り道、ある一角、空がとても広く見えるところがあるんですが、昨日見たら昼と夜の間に細い三日月がありました。
(写真はクリックで別窓に開きます)

私の他にも、学生さん風のふたりぐみ、バイオリンケースを背負った初老の男性も空を撮ったはりました。
この瞬間、同じ空を見て、何かを思う人がいるというのは何となくええもんやなぁと思いましたよ。

ちなみにこの写真を撮っていた時に聴いていたのは、馬場俊英さんの曲
皆さんのお気に入りの空とお気に入りの曲もこっそり教えてくださいね☆