心も身体も温まる地元食堂のお話。

朝晩がめっきり冷えるようになった矢先、早速夫の風邪をもらってかなんです。
昨日は半日休で、仕事終わりに地元のおうどん屋さんに駆け込みました。
お昼をだいぶ過ぎていても、地元住民の足が途絶えません。

20191015_133402このお店は朝早うから毎日、カツオと昆布でお出汁をとってはります。その味と香りがこの世で一番すきです。
そして、この世で一番すきなメニューが「けいらん」。

たっぷりの溶き卵とお出汁のあん、生姜のすりおろしがのった、おうどんです。

ずっと前から変わらへん店内は、いつ来ても、心がほどける場所。
注文すると、ほどなくして、あっつあつの「けいらん」を運んできてくれはります。
立ち上る湯気とお出汁の香りは、どんな吸入薬にも勝る感じがします。
生姜を卵とじあんに混ぜ、おうどんと絡めたら、いつになく真剣に一口。
最初の瞬間から、身体が一気に吸収していくのが分かります。

お店に行くと、昔の患者さんを思い出したりもします。
「わし、もう一度、あの食堂のおうどん食べたいねん!退院したら、その足で行くんや!」
全身に癌が転移し全く食べられず、痛みは強いはずやのに、その言葉は笑顔でした。

当時の私は、ただ聞いて、強く頷くことしかできませんでした。
おうどん、ほんの少しでも、それが無理ならお出汁だけでも、とにかく食べてもらえるように何とかすれば良かったのに…。

いろんな人に、いろんな形でしみこんでいる、地元食堂のおうどん。
なによりも特効薬になると思うてます。

追記。
食べ終わったら、軒先で売ってはる、おはぎやお稲荷さんを買うて帰るのが楽しみ。
はす向かいの八百屋さんでは、おみかんも買いました。
風邪には「けいらん」と「おみかん」がよう効きますよ。

田舎の家の片づけ、その後のお話。

こんばんは!
朝晩、急に寒くなりましたが、皆さま風邪ひいてはりませんでしょうか。
9月から途切れておりましたが、9月14日の夜行バスで田舎に行った後、翌日の晩、無事に京都に戻ってきとります。
10月からは新しい仕事や介護に「月月火火木金金」な毎日、ボチボチ生きとります。

20190914_123310

20190914_102941

モノで溢れた田舎の家、9月14日~9月29日まで、片づけ業者さんが毎日まいにち、物の撤去をしてくれはりました。

この田舎の家には、11DK+車庫+別棟の作業小屋があります。
全ての部屋とありとあらゆる収納にギッチリと収められた物々…。場所があるというのは、無尽蔵に物が置けて、ほんま凄まじいです。
私ひとりやったら、物理的にも精神的にも折れてました。

神棚は地元の氏神さんで供養を頼んでくれはったとのこと。今は仏壇を残すのみです。過酷な作業にもかかわらず、いつも親身に温かい対応をしてくれはったんが、言葉に出来へんくらい、身にしみて、心が救われました。

モノがなくなった家、今後の流れはざっとこんな感じです。
全部屋の簡易クリーニング→未登記部分の登記(増築した部分が未登記…(;_;))→家の撮影→空き家バンク登録→次の居住者が決まったら仏壇の魂抜き/供養依頼→売却

空き家バンクには、うまくいけば11月中に登録なるか…?と思っております。

ちなみにこれまでにかかった費用、交通費等をのぞき、ざっと120万程度(;_;)。
今後のクリーニングや登記費用、その他諸経費を上乗せすると、150万円程度(;_;)?
私がコツコツ貯めてきた特別予算はゼロになります(;_;)。
こんな特別、ほんまかなんわぁ。
でも、ここで愚痴も書かせてもろたので、働いて取り戻しますよー

またまた田舎へ…

先日から田舎の家を本格的に片付けるべく、先陣をきって、ハウスクリーニング業者さんが物の分別をしてくれはりました。

明日からは、別の業者さんが、物の撤去作業。
急遽、最後にもう一度だけ田舎に行くことにしました。
奇跡的にラスト1枚の切符がとれ、仕事着のまま電車に(汗)。今は眠れへん夜行バスの中で、これを書いています。

家財はほぼ全処分やから罪悪感はあるし、量が尋常でないから費用はかかるし…(あ、でも、作業内容からするとかなり良心的です!)
いろんな面で、清水の舞台から何度も落とされて「なんしか、かなん」です。

まわりは「離れた実家や祖父母の家のこと、考えるとゾッとする」「いつか片付けなあかんのやけどねぇ…」と言った反応が大半です。
が、中には「おじいさんが怒るんと違う?」と言う人も。
これで怒られたら、ほんまよう言わんわ!と、お腹の中で思うてます。
夫は横で「よめちゃん怖ぁて、化けて出るどころやないで」と呟いとります。

空き家をほったらかしてええことは、ほんまに1個もありません。
祖父母が作り上げた家に対して、私が出来ること。
両親と同じような、Uターン・Iターン希望の方々につなげて、朽ち果てないようにすること。
ほんま田舎ですが、魚と温泉はピカイチ。
空き家バンク登録の折は、このブログでもリンクしますね。

20190913_214324
夜行バスのお供たち。これらがないと妙に不安です。ペットボトルには京都の地下水。離れた土地でも、一口飲めばほっとします。

自分へのごほうびに…!

20190911_200806
昨晩から夜行バスで田舎へ。今日から業者さんが入って本格的に家の片付けです。
私は早朝から16時まで最終の仕分け。出てきたお宝は、父親の絵と両親の結婚式の写真くらいです。

とにかく、溢れんばかりの、物ものモノ…
無駄に広いと無尽蔵に物が置けて、一切合切仕分けるには、自称ピチピチの私でも無理。

物の背景が分かっているものは、付随する想いも顔を出すのがかなんですね…でも、次第に体力も限界に…。
私の場合、業者さんの力を借りなければ、ミスチルとは違う意味で、終わ~りな~き旅~になります。

(話はそれますが、ピチピチは死語? 私にとっては「ピチピチ」にちゃんとツッコミが出来るかどうかが、患者さんの意識レベルを測る、意外と大事な指標やったりします)

閑話休題。
今日は20時過ぎまで、夜行バス内のほうじ茶500mlを除いて、飲まず食わず。
ほんまガチで働いたし、夕方には中途採用の連絡もあったしで、帰りの新幹線は自分にごほうびです。宮島ビール、時々せんじ肉。あなご飯は、うちで〆ご飯になりそうです。
だいぶ出来上がりましたので、京都まで、しばし一眠りします☆おつかれさまでした~!

夕焼けめぐりのお話。

 
久々の出張。帰りは、鴨川沿いに夕焼けをたどって帰りました。

三条大橋では、床と等間隔カップル。定番の風景に安心、夕暮れの川面はやさしいです。
南に目を向けると四条大橋。自然と目線が空に上がります。秋つばめが西日を追いかけていきました。
 
私の夕焼けコレクション、お気に入りは、京都タワーのシルエットと夕焼け空、いろんな種類の電車が行き交う風景。
 
昔は、対岸にある川沿いの階段が、夕方の指定席。
今の自分と昔の自分とで、束の間、夕焼け空と電車と鴨川を挟んでいました。
 
いつもの空が見える所まで帰ってくると、ほっこり。
西山の端は赤く染まり、長い雲が竜みたいに、ゆっくりたなびいていましたよ。