たまには外食を♪

いつもは内食かつ、コストもミニマムを意識していますが、1ヶ月もしくは2ヶ月に1度は外で贅沢してみたりします。
うちらは伏見のお酒がすきなので、前から気になっていた「伏水酒蔵小路」に行ってきました。
お店の最寄り駅で夫と待ち合わせ。これだけでもハレの日の感じがします。宇治川派流の柳が暮色に染まり、風にゆれているのを見ながらお店に到着です。各蔵の樽が並べられ、気持ちが高まります。

お品書きからは、17蔵の銘酒が利ける「粋酔(きっすい)」を1本釣り。夫と半分ずつしながらいただきますが、日本酒の好みだけは正反対のうちら。淡麗で辛口のお酒は夫が、アルコール度数少なめでフルーティーな飲み口のものは私が主にいただきました。
アテは同じ敷地内にある複数の屋台から出前される仕組み。おナスの炊いたんと唐揚げを注文しました。
17蔵の利き酒グラスを交互に選びながら、一口ずつ味わい、銘酒の感想をしゃべりあい、ゆっくりゆっくりほろ酔いの夜になっていきました。

この日はなんと、玉乃光酒造さんのみぞれ酒が解禁日でスペシャルイベントとして、ワライナキさんのライブがありました。ええお酒にCMでおなじみのアーティストさんのライブを間近で聴けて、手拍子が止まりませんでした。

ちなみにお会計は2350円。1人1200円弱です。たまにはハレの日を作って、こんな贅沢もありかなと思います。
それぞれの蔵の個性が気軽に味わえるので、今後はお気に入りの蔵酒1杯とアテを自分へのご褒美に、ちょっと大人の寄り道もええかもしれません。

たまには外食を♪” への2件のコメント

  1. うささん、こんにちは。
    素敵なデートですね!読んでいて思わず、ほお~っとため息をついてしまいました。まさにハレの日。
    私も京都の蔵巡りしてみたいです^^

    • だらみさん、コメントありがとうございます!
      たまにはこんな日もあるとちょっと心弾みますね。
      玉乃光酒造さんのみぞれ酒は、夏に愉しめるお酒です。ハレの日、蔵巡り気分でぜひどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です