思い切って働き方を変えてみるお話。

今日はお仕事のお話です。

今は医療関連の仕事をしているんですが、転職してからというもの、どんどん机上の人になってしまいました。
(ついでに筋力もだいぶ落ちました。)
事務方の立場も充実していて、今も手いっぱいなんですが、このまま行くのも偏るなぁ…と色濃くモヤモヤし始めたのが約半年前からです。

モヤモヤの中にはいろんな思考や事情や条件などがあったんですが、いったん全部捨てました。

自分はどんなふうに役に立ちたい?だけに絞って考えたとき、
「やっぱり自分は現場にも出たい、そして現場で得たことを机上でも活かして地域の役に立ちたい。」
と、強く思うようになりました。
名付けて「現場と事務方、2足の草鞋プロジェクト」。

転職後、終わりのない峠をチームで何度も超えつつ1年半。更なる峠を越えるべく、メンバーやボスに気持ちを言うタイミングをずーっと図っていました。
そして、
自分の中で密かにプロジェクト開始
⇒関連ケースをレビューしてイメージづくり
⇒ここ1ヶ月、チーム内メンバーと関係者に根回し
⇒ボスに長文メール(企画と決意表明みたいなもん)送信
⇒ボス了承!
⇒ボス経由で最上級ボスも了承!
⇒本日ようやくプロジェクトのスタートラインへ。

この2足の草鞋プロジェクト、自分にとってこの春最大級の「新しいこと」になりそうです。
めっちゃたいへんになるけど、不安を抱えて立ち止まる暇はないし、どうせ悩むんやったらその分何らかの形で前に進みたいので、この春から思い切りもがいてみようと思います。
快く了承してくれはったチームメンバーと背中を押してくれはったボスに感謝です☆

思い切って働き方を変えてみるお話。” への2件のコメント

  1. うささん、こんにちは。
    うささんの決意、きっと新しい道を切り開くための力になると思います。
    陰ながら、応援しています!

    • だらみさん、いつもありがとうございます!
      2足の草鞋、こける時もあるかもですが、こけても何か掴んで、一生懸命履いてみます☆
      応援を力にして頑張りますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です