市民だよりでプチ旅を味わうお話。

 
仕事に追われてばかりやと干物がミイラになってしまうので、この間の休日は行政が発行している広報誌のイベントに参加してきました。
その名も「カモぅんウォーキング」。
琵琶湖疎水のひとつ、鴨川運河を歩こうというイベントです。
ボランティアガイドさんによる案内・タイムトリップマップもついたお宝資料付き、保険代で参加費は300円。

私は琵琶湖疎水が京都の風景の中でいちばんすきです。蹴上のインクラインや南禅寺水路閣、哲学の道(疎水分線)といったメジャーどころは閑散期にふらっと、第一疎水や鴨川運河は身近なお散歩コースとして愉しんでいます。
水のある風景はなんとなく非日常な感じで、せわしない心もゆるみます。お気に入りの飲みもんを片手に出かければちょっとした旅気分。

ガイドさんに連れられて、昔の地図や写真を元に今はないインクラインや水車道をたどり、淀川からの物資を積んだ十石船が運河を遡る様子も伺ったり…疎水にかかる多くの橋や現存する酒蔵を見ながらのプチ旅。たまの休日は古地図片手に、昔の京都の面影と重ねて旅することにはまりそうです。

アラフォーの大人アトピー脱却のお話。その3。

今回は化粧品にかかる費用を割り出してみます。

●基礎化粧品
(石けん)1,404円★
(クレンジング)3,024円★
(肌素水)3,024円★
(美容純米酒)415円☆
(ボディコート)3,780円
★は約2ヶ月に1回、☆半年に1回買い直しが必要なので、年間コストはざっと計算すると下記のようになります。
{(1,404+3,024+3,024)×6}+(415×2)+3,780=49,422円/年

●メイク用品
(日焼け止め)4,536円
(ファンデ)3,780円
(アイブロウ)1,680円
7~8か月くらいは余裕で使えそうですが、半年に1回買い直すことを想定して計算してみます。
(4,536+3,780+1,680)×2=19,992円/年

基礎化粧品+メイク用品=69,414円/年5,785円/月

改めて計算してみて、思わず何度か電卓をたたいてしまいました。
買い直す頻度は実際もう少し下がるので上記の金額を上回ることはないにしろ、上記のアイテムを継続すると、1ヶ月で約6000円の出費です。肌の状態が安定しきればコストダウンをはかるつもりですが、だいたい1ヶ月5000円はかかりそう。
この5000~6000円の美容代。今の仕事から考えると必要経費のように思えます。また状況に応じて見直していくつもりです。

ただ、美容代を今までの支出に上乗せすると確実に「支出が増えた」だけになってしまうのも事実。
そこで削ったのが「コンビニの軽食・お菓子代」です
終電帰りが続いたり、ストレスがたまると、ついつい「今日はいいかぁ」とついついコンビニでお菓子や軽食を買う傾向にありましたが、これを2週間に1回に減らしました。(完璧に止めるのはできません…)
お肌がきれいになって、夜食も減らせればええなぁと思う今日この頃です☆

アラフォーの大人アトピー脱却のお話。その2。

今日はアトピー脱却に使い、今も継続しているコスメを紹介します。

(洗顔)
●うる肌純石けん…ベビーソープがしみて使えなくなったので、こちらに切替。たっぷりの泡で洗顔。ゆすぎはしっかり。

【2016年10~11月下旬:じっと我慢の時期
●肌素水…100%水ですが、浸透力が半端ないです。洗顔、毛穴ケア、化粧水、乾燥用ミストとして。開き直ってバシャバシャ使いました。
●アジュバンボディコート…保湿ジェルです。噴火していた私の肌でもすっとなじみ、肌素水と並んで救世主的アイテムになりました。
調子は上がったり下がったり。皮膚科の薬は早々に中止して上記のみ使用。マスクを着用していることが多かったです。

【2016年12月上旬~中旬:噴火がおさまってきた時期
●肌素水
●美容用純米酒 美肌…肌に良いアミノ酸を含む純米酒です。肌素水の後にぐんぐん吸収されます。飲んでもおいしいです。
●アジュバンボディコート
(メイク)
アイブロウのみ。会議などの直前に描いて、終了後は肌素水ですぐに落としていました。
湿疹の範囲は額・頬の一部。10月に比べてだいぶ減り、夜間の掻きむしりもなくなったので、試験的に美容用純米酒を追加。あかんかったら飲んだらええわと思うていましたが、結果は大丈夫。肌がやわらかくなり、スキンケアに希望が持て始めました。

【2016年12月下旬~現在:人並みに見せられる肌になった時期
基礎化粧品は上記3つを継続。肌の状態が目に見えて安定してきたので、薄付きメイクを開始することができました☆

(メイク)
●アジュバンPプロテクト…ベビー用でかぶれてから使えなかった日焼け止め。でもこれは大丈夫!休日も塗るようにしています。
●アジュバンパウダリーファンデーション…出勤日のみ、頬・鼻筋・額などに薄くポンポンと乗せています。それだけでも肌質が違って見えるので、面倒くさがりやの私にぴったりでした。
●NOVのアイブロウ…1日の大半を眉なしで過ごしてきましたが無事復活。ペンシル・パウダー・ブラシ一体型で便利です。
※リップは既存のものを使い切ったので、アジュバンボディコートで代用しています。

(メイク落とし)
●アクア・フェイシャルクレンジング…全くしみずになでるだけで汚れが浮きます。
上記メイクなら石けんだけでも落ちるのかもしれませんが、私はメイク落としを使うほうが好み。帰ったら何より先にクレンジング。石けん洗顔は入浴の一番最後にするのが習慣です。

人には時期や年代に合うたスキンケアが必要なときもあるんやなぁと思いました。
次回はスキンケア・メイクにかかるコストを割り出してみますね。

アラフォーの大人アトピー脱却のお話。その1。

次回にでも…と書いていた、お肌事情のお話。遅くなってしまいましたが、ようやくUPします。

去年の今頃は、スキンケアといえばワセリンのみ。ちょっと人前に出るときは、100%コーンスターチのお粉と、お粉に食紅を加えたチークを使うていました。(参照:おぞよもん暮らし「30代自称乙女のお化粧事情。」

ですが、長年日焼け止めなしで浴び続けた紫外線(実家の畑作業の手伝いで赤く腫れることも)や、ここ数年に一気に上昇・蓄積し続けたストレスもあったのか、肌が噴火し出したのが去年の10月中旬。湿疹・痒み・乾燥・赤味がひどく、アトピー性皮膚炎の診断を受けました。

この時期つらかったのは…
・マスクなしでは人前に出られへんくらい湿疹だらけ、手触りもゴワゴワの極みやったこと。
・睡眠中に掻きむしり、朝起きたら顔が傷だらけになっていたこと。(夫がその都度、私の両手をつかんで静止させていたみたいですが、しばらくしたら「ガリガリガリ…。」)
・もともと敏感肌やったのが超敏感肌になり、いつもの石けんもヒルドイドも肌にしみて使えへんかったこと。

洗顔や保湿が満足にできへんと、湿疹や痒みもマシになりません。内服の痒み止めで夜間の搔きむしりは軽減したものの、お肌の状態は低空飛行でした。(そんなときに別の皮膚科医から処方された湿疹用のお薬を塗り、劇的にしみて数時間後に顔が真っ赤に腫れ上がったことも…。今思うとめっちゃ焦ってたんですね。)

とにかく今まで使うていたものが使えなくなってしまい、肌組織の構造やスキンケアの基本を勉強し直してわかったことが2つ。
圧倒的に水分不足。(→それを肌が補おうとして脂を多く出す)
皮脂膜が破壊されている。(→バリアがないので何を塗ってもしみる)

大きな会議が連続する1月下旬から2月下旬にはある程度見られる肌になろうと腰を据えて取り組んだところ、今は炎症もほぼ治まり、パウダリーファンデを軽くポンポンするくらいでカバーできるように。
具体的なアイテムについては、明日UPしますね!☆

今年いちばんの桜が咲いたお話。

DSC_0733
(←写真はクリックで拡大します)
今年も春の訪れをいち早く告げる桜が咲きました。
蕾の先が紅色に色づき、ほころんで来ていたので、とても愉しみにしていました。
咲いたばかりの桜は、寒空の中でおだやかに、でも凛としていました。

凍てつく日々が続いていたのに、毎年変わらず花を咲かせてくれる桜の古木。今年も咲いてくれてありがとうと嬉しい気持ちで幹をさすりました。